神龍 Shen-long

代表メッセージ

社長挨拶

自分たちが作りたい物を作る!

これが弊社の信条です。
わがままで独りよがりに聞こえますが、開発する上で非常に大事なものですし、この気持ちを持ち続けることは非常に難しいことです。
「仕事」としてやる以上はコストや納期は切っても切れない関係にあります。「会社」としてやっていくからにはコンプライアンスも重視しなければなりません。しかしエンターテインメントは“娯楽”、“気晴らし”であり、特に弊社の場合には“面白さの追求”に意義を感じております。
ですから、本質である「面白さ」を常に最優先で開発をしております。
弊社がソフトウェア開発する理由は 「お金を得るため(生きるため)」、「人から評価されたい(賞賛や感謝)」など、色々ありますが、最終的には「自己満足」です。
自分自身が作った物、またそれにかかわった人が“最高だ!” “完璧だ!”と思えたときに「最高の欲求(夢)」を得られるのです。

弊社とかかわると夢が叶う

そんな会社を目指しています。

株式会社 シェンロン
代表取締役社長  木村智治

木村智治

社長プロフィール

氏名
木村 智治(きむら ともはる)
生年月日
1964年6月20日
出身地
東京都
最終学歴
早稲田大学教育学部卒業(1987年)
職歴
  • 1987年

    • (株)セガ・エンタープライゼス(現セガゲームス)入社
    • プログラマとして体感ゲーム機、MEGAドライブなどの開発
  • 1990年

    • 元気(株) 入社
    • コンソールゲーム(SFC、PSなど)の企画・開発
    • 「首都高バトル」「剣豪」等のプロデュース
    • 経営業務(方針を決定し会社を運営)
  • 2012年

    • (株)シェンロン設立
      社員が働きやすい環境作りに取り組んでいます